インターネット上での中傷を最小限度に抑止するための賢明な方法とは

顔の公開が原因となる場合が多いです

インターネットを通して中傷を受け取りやすいのが顔の表情を公表したことに起因するものといえます。ソーシャルネットワーキングサービス、あるいは動画サイトに顔をアップするとインターネットを通して中傷されるのに加えて、下手をすると家の特定、あるいはプライベート情報を見極められます。写真が保存不可能な設定もしくはオートマティックに削除される場合もありますが、悪意をあわせ持った人間からすれば容易に保存可能で、二次使用もできます。

ソーシャルネットワーキングサービスの公開は危険です

知り合いしか見ることができないようにセッティングしたとしても安心することはできません。知人に登録済である人が絶対に二次使用しないとは断定できませんし、現実の上で中傷受けたというようなケースで、友人の総数が多い方がどんな人が中傷したか理解できずに友人全てを疑問視することになってしまいます。可能であるなら実名登録するソーシャルネットワーキングサービスは用いずに、名前を隠して活用したほうが中傷を受けることになる危険が小さくなります。

掲示板などは名前を秘密にして役立てましょう

掲示板などがありますが、いずれも名前を出さずに使用することができます。掲示板の中にはなりすましに歯止めをかけるために同じ人物からの書き込みを確認することができるしくみが確立されていますが、こうした仕様を用いると中傷の対象となり易いです。プライベート情報が把握できるということにはなりませんが、不愉快極まりないことが多いことから、遠ざけたほうが安心できます。この他に、質問ができるウェブサイトではログインIDが公表され、どういった質問を行ったか一目瞭然です。可能であればログインしないまま活用した方が手堅いです。

簡単に削除をしてくれないのが2ちゃんねるです。2ちゃんねる削除を確実にしたい時は2ちゃんねるのことを知っている業者に以来をするといいです。