素人でも簡単にオシャレな色のホームページが出来てしまう!そのための色の扱い方は?

配色を学びに外に出て観察を

ホームページ作成のオシャレには、配色のテクニックが必要になる事もありますよね。少し難しい様な感じがしますが、実は至って簡単な場合もあるのです。実は、自然の動植物が作り出している色の出し方は、人々に違和感を与えない調和された配色で成り立っていると言われていますよ。直接、外に出て花などを観察する事で、扱いたい色の選び方を求める事が出来ますよね。IT技術が発展している現代においては、国内のみならず海外の様々な動植物をも参考資料に出来ますよ。実店舗の内装における配色なども、人の心に響く様に取り入れている場合もありますよね。普段意識しない場所に意識してみると、様々な配色の仕方に出会う事が出来ます。

グレースケールは全ての色と調和する

素人の人にとって、グレースケールとは、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。グレースケールとは、黒と白とその間にある灰色を現した言葉です。グレースケールのみでホームページを作成すると、モノトーンの様な味気のない姿になってしまいますよね。ただし、グレースケールの色は、あらゆる色と調和すると言われているのです。グレースケールを扱うと、他の色と対比が生まれ、お互い強調しあう事によってお互いを引き立てる事が出来ますよ。グレースケールの色の上に明るい色を載せる方法や、グレースケールの色で配色をされたラインの下に明るい色を持ち合わせる方法もありますよ。ホームページであれば、フッターやヘッダーの背景のライン色としてもお勧めですよね。

全体的に白の割合を減らす事もポイント

背景が白に対して、文字が黒色は、視認性が高い事で多くのホームページで採用されています。よく見られるデザインとしては、背景が白に対しての上部に画像を配置を行い、その下に見出しや本文などの文章を用いるデザインです。視認性は良いかもしれませんが、よく見られるデザインとしてオシャレさに欠けてしまいますよね。白に近い色であれば、十分に視認性を高める事は可能ですよ。薄いピンク色や、薄いオレンジ色などもお勧めの一つですよね。オシャレを出すための差別化に繋げて行く事が出来るのです。ただし、黒に近い背景色に対して、本文の文字色が明るい文字色には要注意です。リンク文字のみに扱う場合においては問題はありませんが、メインに扱う本文だと違和感を与え、脳の負担を増やしてしまう可能性が高まりますよ。

ホームページ制作を行う際には、まず自分がどんな内容を公開したいのかはっきりと決めておく必要があります。自分の思いが曖昧なままで情報公開をすることはとても危険です。観覧者のことをよく考え制作しましょう。