今の時代では必要なネットワーク監視の実態とは

SNSの恐ろしさを知る

今の時代はネット社会ですし、SNSが広がったことで常に外にいる時も歩いている時でさえもネットを使う事ができるようになりました。これは若者から高齢者まで幅広い世代で使用されていて、なくてはならないものになってしまいました。ですがこのSNSを利用する事で悪い影響が出ているものもあります。例えばネットを使った通販サイトでの悪徳商法や、SNSを利用している人の間で起きる誹謗中傷などの問題です。そのどちらも顔が見えない分やりやすいのです。

顔の見えない恐怖について

お互いの顔が見えないですし名前も本名を名乗らなくていいのでそれだけ誰でも気軽にできてしまうのが現状です。それを利用していじめに発展しやすく中にはネット内のいじめによって自殺してしまう人もいるほどになってしまいました。その犯人を特定できずに自殺してしまった人の家族は誰なのか分からずに苦しむことになるのです。そのような事を増やさないためにこのようなネット監視というのを行うようになったのです。これは警察などで行っている場合が多いです。

ネット監視がもたらすもの

監視をするのは特別な許可を持った人でないとプライバシーの侵害になってしまうので、これは国の認めた機関でないといけません。事件などに発展する前にこういった監視をする事で未然に防ぐことができるのです。それができればより平和な時代になるでしょうし、安全に快適にネットを使う事ができるようになるでしょう。そうなる為に日々ネット監視は行われているのです。そうして防げた時に大きな達成感があるでしょう。その為にも頑張るのです。

ネットワーク監視の重要性を理解するにあたり、経験豊富な情報処理技術者などからアドバイスをもらうことが良いでしょう。