お互いのプライバシーに配慮して適度な距離を保とう!

親子にはプライバシーが必要!

子どもは、親にとっては大変身近な存在ですよね。特に、妊娠期間をともに過ごした母親にとって、父親以上の近い距離にあるかもしれません。しかし、親子とはいえ、子どもは独立した一人の人間です。一人前になるためには養育の義務がありますが、子どもの人格を尊重して接することが大切ではないでしょうか。子どもは、成長にともない親と距離を置いてくることもでてきます。そのような兆候が見られたら、子どものプライバシーに配慮して、適度な距離を保つように心掛けましょう。なお、「親」という漢字について「木の上に立って見る」との考え方がありますが、ほかの説もありますので調べてみるといいかもしれませんね。

夫婦間にもプライバシーが必要!

夫婦間にも、お互いのプライバシーへの配慮が必要になります。もちろん、夫婦のパターンは個々によっても異なるため、第三者が口出しすべきことではないかもしれません。しかし、夫婦どちらかが我慢を強いられる関係は望ましいとはいえないでしょう。男女が出会うきっかけや、結婚に至るまでの道のりもいろいろですが、もともとは他人だと考えることが大切かもしれませんね。また、そうすることでお互いを思いやる気持ちが芽生え、結婚生活を維持することにもつながるのではないでしょうか。

ただし、お互いの言動に関心を持つことが大切!

親子や夫婦関係を良好に保つためには、お互いのプライバシーに配慮することが大切ですよね。それと同時に、お互いの言動には常に関心を持つことも必要ではないでしょうか。親子関係を良好に保つためには、「放任主義」にならないための適度な距離を保ちましょう。夫婦生活が長引くと倦怠期を経験することもあります。そうならないためには、サプライズ企画も必要かもしれませんね。プライバシーへの配慮は近しい間柄になるほど難しい課題ですが、それだけに、お互いを思いやって生活するように心掛けましょう。

卓上シュレッダーは小型でありながら不要な書類を細かく粉砕できるのが利点ですが、収納ケースが小さいのでこまめにごみを排出する必要があります。また、刃の詰まりも速やかに取り除くことが大切です。