正直つらい…ネットで誹謗中傷を受けた時の対処法

意外に辛いネット上の非難

最近はブログやツイッターなどのソーシャルネットワークが発達したことで、ネット環境さえあれば誰でも情報発信が出来るようになりました。簡単に情報発信が出来るということは、逆に言えば、その情報が誰かに見られるということですが、当然見た人からも何らかの情報が返って来る可能性があります。その情報の内容が感謝であったり、お褒めの内容であればいいですが、非難されることも十分あり得ます。では非難のような誹謗中傷を受けてしまった時はどうすればいいのでしょうか。

誹謗中傷を受けても冷静に対処しよう

誹謗中傷を受けると誰でも嫌な気持ちになります。それは仕方のないことです。しかしだからと言ってその誹謗中傷に反応してしまえば相手の思うつぼです。まずは冷静になりましょう。誹謗中傷のコメントは削除依頼を出すことも出来るのですが大抵の場合は削除できません。個人間での対処が求められる場合がほとんどです。ではどうすべきなのかと言うと無視するのが一番です。たいていのブログやSNSにはブロック機能がついています。こういう時のためのブロック機能なのですから、存分に使いましょう。ブロックしたら無視です。関わってはいけません。

情報発信に非難は付き物

情報発信をする上では非難されるのは仕方のないことです。世の中には色々な意見を持った人がいます。あなたが発信した情報に反対の意見を持つ人もいるでしょう。それが当たり前なのです。だからと言って誹謗中傷が許されるわけでは決してないですが、誰でも閲覧できる場所に情報を出すということは、違う意見を持った人にも見られる可能性があるということです。なので情報発信するのであれば、それを前提に行うべきでしょう。そのための対策として、表現に気を付けて、出来る限り攻撃されないような工夫をする、ということが重要になってきます。攻撃されることを前提とした情報発信を心がけることで結果は大きく変わってくるでしょう。情報発信をした後にどうしよう、と悩むのではなく、情報発信をする前に対策をしておくことが大切です。

逆SEOとはwebサイトを多数作成する事で、人に見られたくない誹謗中傷サイトの検索順位を下げる対策の事を言います。これは、削除依頼では対応が難しい場合に有効な対策として用いられています。